「おとり物件」業者処分

上原勇一郎です。
先日はお待ちかねの「どうぶつの森」が配信され浮足立っています。

ネットに契約できない「おとり物件」、業者処分

というニュースをライブドアで見つけました。
とってもいい事ですね。

おとり物件とは

  • 〈1〉物件が存在しない(架空物件)
  • 〈2〉契約済みで取引できない
  • 〈3〉貸す意思がない

ということです。
貸す意思のない物件とか存在しない物件を掲載するのは良くないですよね。
何のためにお部屋を一生懸命探してお問い合わせしているんだ!って感じですし。

お店に来てほしいがためにそんな労力使って嘘ついて来店してもらうって・・・
まさしく信用を失う行為だと思う訳ですよね。

こちらとしては時間割いて賃貸を探している訳ですからキッチリとした情報を掲載してほしいです。
お店にいって「実は埋まってました~」なんて言われても腹が立つだけですしね。

首都圏不動産公正取引協議会が42社に初めてサイト掲載停止の措置に踏み切ったとありますが、
首都だけなんですね。
どうか地方の方も同様の対応を心がけてほしいですよね。

ネットで色々調べられる便利な時代です。
自分の利益だけを考えずに利用する人の事をもっと考えて、
素直に実直に営業してほしいですね。

増え続ける空き家問題

上原勇一郎です。
寒波カンパ・・・いいですノーセンキューです春よ来い(苦笑

今日気になったニュースはこちら

「タダ同然の廃墟物件」に買い手が集まる理由

ただ同然なら僕も不動産欲しいです。
田舎の海のそばとかちょっとゆったりした雰囲気の土地とかいいですよね。
そんなお金ないですけどもし老後に移り住むならやっぱり地方がいいです。

廃墟同然の家でも40万円で購入できるなら立地によってはありですよね。
あ、今日のニュースはこちらから見ている訳ですが、
高原の150万円の物件ちょっと魅力的です。暖炉ついているんですよ。。。たまらん。
あ、でも寒いのは嫌ですね。
え、でも暖炉ついていたら気にならないくらい暖かいのかな???
よく分からない。

全国の地方に空き家が増えてきているのだと思います。
その空き家の管理ももちろん大変でしょうし、固定資産税もあるでしょうし、
空き家税でしたっけ?そういう物もあるのでしょう。

建物なんて住んでいないと劣化していくばかりで勿体ないですしね。
今は要らないけどお金に余裕が出来て、年齢もいい感じになると余生の事を考えてほしいですね。

なんだか別荘という響きがもうなんだか素敵ですよね(笑)
ただやっぱり土地とか建物自体が安くで購入出来ても不動産屋を挟むと仲介手数料もあるわけで・・・
もっと手軽に土地のやり取りができるといいのでしょうけどそれも難しいですよね。

不動産の事はよく知らないですがぜひぜひお手軽に土地が手に入る仕組みを作ってほしいですね。
温泉が近くにある土地。僕欲しいですよ^^

『レオパレス21』の新築全戸にスマートスピーカー導入!

上原勇一郎です。おはようございます。
寒さが厳しくなるにつれて外に出る機会が減っています。
ポケ活したいのですが寒さに弱い生き物ですのでなかなかです。

『レオパレス21』スマートスピーカーを新築全戸に設置!

今日はこちらのニュースからご紹介します。
先日Google HomeやAmazon Echoが発売されましたね。
僕もGoogle Homeの方を購入しましたが、イマイチ使いこなせていない感が否めません。

レオパレス21は2018年の1月から新築全戸に標準装備するそうです。
賃貸物件のIoT化を実現するスマートステーションの設置数は国内最大規模となる見込みです。

このスマートスピーカー何が出来る野かというと、
普通のスピーカー機能に加え、鍵の開け閉め、照明やテレビ、エアコンといった家電を操作できます。
あとは入居者への情報提供サービスでゴミ捨ての曜日を案内してくれるのだとか。
地域によってゴミ捨ての曜日も違いますし、粗大ごみなんて隔週だったりするのでいつか分からなくなりますよね。
かなり便利かと思います。

鍵の閉め忘れをスマートフォンから確認できるのはかなり安心ですよね。
あとは帰宅前にエアコンを付けておいて家に帰ると快適!なんてことも出来るのでしょうか?

僕自身が重宝している機能といえば、天気予報ですね。
毎朝テレビを見る時間や、もはやスマホで天気確認も面倒な時は「今日の天気教えて」でサクッと教えてくれます。
夜も「最新のニュースを教えて」と話しかければ最新のニュースを教えてくれたりするので便利ですよ。

よく分からない機能ですが、ピカチュウと喋れたりできます。
はい。可愛かったですが、ただそれだけですね・・・(;”∀”)

という感じでレオパレス21にスマートスピーカー導入とのことですが、
部屋の壁が薄いとよく聞きます。隣の部屋の会話拾っちゃったり、
隣の部屋のエアコン付けてしまったりとかはちょっと懸念点な気もします。
その辺はきちんと対応してくれるとは思いますけどね。。。
ただやっぱり一人暮らしの部屋から話声聞こえて来たらなんだか切ない気もしますね。

不動産競売って何?裏技の不動産投資!

上原勇一郎の今日の気になるニュースからお伝えします!!
今日は木枯らし1号が吹いたらしいですね!本格的な冬がやってくるのかと思うと少し恐怖・・・(笑

不動産競売でお金に働いてもらう!

東京オリンピックに向けて都心部を中心に不動産の価格が高騰してきています。
不動産投資なんてお金持ちの言葉でしょ?と諦めているお父さんに朗報です。

年収500万円の中流お父さんでもお金持ちになれる可能性があります。
不動産をお手頃価格で手に入れられる方法こそが【不動産競売】なのです。

不動産競売とはそもそも何?

不動産を購入する場合は銀行など金融機関の融資を受けることが多いですよね。
融資を受けた方は契約に基づき返済を進めていきますが、
訳あって返済が滞ったり、返済が出来なくなってしまう場合金融機関は困ってしまいます。
そんな時に返せなくなった融資の代わりに不動産を売ってローン返済に充てる方法の事です。

不動産競売のメリット

・不動産を安くで購入できる
 不動産競売一番のメリットがこれです。
 通常の価格の2~6割ほどで不動産が購入出来てしまいます。

・物件が豊富
 一軒家だけではなく、土地、マンション、店舗などあらゆる物件があります。
 投資に失敗してしまったビルやアパートもあります。

・仲介手数料がかかりません
 通常不動産を購入する場合は不動産屋が仲介に入ります。
 ですが、不動産競売で落札した物件は不動産会社から購入するわけではないので仲介手数料がかからないのです。

不動産競売のデメリット

・物件の調査が難しい
 当たり前かもしれませんが、ローン返済に困っている訳なので、人が住んでいる事もあります。
 ほとんど内覧出来ない物件ですので、外見や、資料での判断になる場合があります。

・権利関係が複雑
 裁判所で所有権は移してもらえます。立ち退き交渉は自分で行わなければいけません。

安い物件からコツコツと

中流お父さんの場合はなかなか高額な物件への競売参加は難しいですね。
最初はお手頃な物件から初めて、徐々に値段を上げていき、
不動産にお金を稼いでもらい、成功出来るといいですね!!!

浅草「仲見世商店街」賃貸の家賃16倍に!?

仲見世商店街

こんにちは、上原勇一郎です。
今日はニュースになっている

浅草の「仲見世商店街」賃貸の家賃16倍要求で存亡の機

についてです。
いやいや、家賃16倍にもビックリしましたけども、もともとの家賃にもビックリしますよね。
89店舗ある賃貸の平均家賃がなんと月2万3000円なのだそうです。
東京の地格を考えれば安すぎる値段設定ではないでしょうか?

ですが毎月2万円前後の支払いが急に32万円になるのではたまらないでしょうね。
今までが安すぎたということもあるのでしょうが、急に支出が増えるとお店も困りますよね。

今は賃貸の賃料がお手頃で済んでいるので、物価もそれなりにお手頃なのでしょうが、
お家賃が16倍にも跳ね上がると物価にも当然影響してくるわけで、近辺で生活している人にとっては痛手なのでは?

観光地なのでそれなりの収入はあるのでしょうが、
いきなり16倍ではシャッターを下ろす店舗も増えてくるのではないだろうか。
今後どのような展開になるのか想像できないが、もし16倍が決定ということであれば、
古いお店は形を潜めて、現代的なお店が軒を連ねだすのかもしれない。
スタバ、マックといったお店が並んでいる「仲見世商店街」。。。少し嫌かもしれない。。。

仲見世商店街とは

実はこの仲見世商店街は日本で最も古い商店街の一つらしいです。
徳川家康が江戸幕府を開き、江戸の人口増加と共に浅草寺の参拝客が増え、
出店が許されたのが始まりなのだとか。

その後明治維新で特権が没収され、赤煉瓦の仲見世になったそうです。
しかしその洋風なたたずまいも大正12年に起きた関東大震災で壊滅してしまったそうです。
漸くの事で誕生した現在の姿ですが、このお家賃値上げでまた姿を変えてうのかも知れませんね。

海外からも愛される「仲見世商店街」のこれからに少し注目しておいた方がいいかもですね。