『パイレーツ・オブ・カリビアン-最後の海賊-』映画レビュー

上原勇一郎です。
今日は久しぶりに映画レビューです。

パイレーツ・オブ・カリビアン-最後の海賊-

またディズニー作品になってしまいましたね。
ディズニーは大抵裏切らないので安心して見られますよね。

と、いってもパイレーツ・オブ・カリビアンは2作品目くらいまでしか見ていないのだ。
「大丈夫!続き物じゃないから見られるよ!」と友達に言われるまま見ましたが、
やっぱり見ていた方がより分かって面白かったのではないかとうっすら。。。

ストーリー

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンが始まった。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はただひとつ。
<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れること。
かつてジャックと冒険を共にしたウィル、その息子ヘンリー、女性天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に入れるのは誰か?そして、ジャックVS海の死神の決戦の行方は?
すべての謎が明かされる<最後の冒険>が、ついに幕を開ける!

引用元:パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式

うん。
まぁ全部見ていなくても見れました。
でも多分?絶対?見ていた方がより面白かったと僕は思うよ!!!

全部ジャック・スパロウが悪いよねこれ。
落ちぶれて大事なコンパスを手放しちゃったのジャックだよね。
凄いMなのかなって思ってしまいました。
銀行泥棒して捕まって逃げて海へっていうお馴染みのパターンなのですが、
処刑のシーンが面白かったです。ギロチンwww助けたことになるのだろうか・・・
と思いながら。。。あんなのなったら失神しちゃいそうです。

あの時代ってちょっと女性が頭良かったら魔女になってしまうんですね。
でもあんな数式書いてたら何書いてるんだコイツ!?頭大丈夫か!?ってなりますね。ハイ。
お馴染みディズニーはギャグが多いから疲れることなく見れますよね。
こう一息つけるというか。。。

最後の方サラザール達呪いが解けたのにすぐにフェードアウトも可哀想でしたけどね。
呪い解けたならもういいじゃないかと思いますが、まぁ・・・そんな目に長年あわされたら追いかけちゃうか。
あとはバルボッサのおじいちゃんが最後感動した。
カリーナも最後に刺青見て自分のお父さんだってわかっちゃったしね。
可哀想に。お父さんって分かった瞬間死んでしまうんですもんね。
でも死亡フラグすっごい建ってたしあそこで死なないとん″ん″ん″ん″ん″!?ってなりますよね。

ちょっと間見てないから分からないけどさ・・・
あの本さ、バルボッサのおじいちゃんが娘に託したんだよね。
ということはだよ?バルボッサのおじいちゃんさ・・・
あそこ・・・一回行ってるよね・・・
で、槍・・・取れたんじゃないの?え?あれ?やっぱり間抜けてるからかな?

総合評価

★★★☆☆

★3つくらいですかねー。
面白かったですけど突っ込みどころが多かったですし。
取りあえず続き作ったよ的な感じあるし。
抜けてる間見たらまた評価は変わってくるかもしれないですけどね。
ジョニー・デップはもう少し暗くて意味の分からないキャラの方が映えるしね。

『マイティー・ソー バトルロイヤル』映画レビュー

上原勇一郎の今日の映画レビューは11月3日(金)に公開されたばかりの

マイティー・ソー バトルロイヤル

こちらのレビューを行います!!
まだ円盤が発売されていないのでネタバレ厳禁な方はお気を付けくださいm(__)m

復讐に燃える最強の“死の女神”ヘラ VS. マイティ・ソー率いる型破りのチーム“リベンジャーズ”

誰にも止められない!限界突破のバトル・アクション・エンターテイメント。今、新『アベンジャーズ』へのカウントダウンが始まる!

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。
復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。 果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?
死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。

新『アベンジャーズ』へのカウントダウンが始まる!

引用:『マイティ・ソー バトルロイヤル』公式サイト

アベンジャーズシリーズが好きすぎて公開初日に観に行きました。
恐らく先着でポストカード(ラメ仕様)が貰えますので、好きな方はお早めにどうぞ。

今回もギャグ要素満載な雰囲気での一作品でしたが、ギャグが多すぎかな。
円盤出る前は基本吹き替えを見るのですが、声が・・・皆声が個性的で面白いです(笑

基本的に俳優さんとか女優さんは吹き替え下手くそだなと感じることが多いのですが、
死の女神ヘラの吹き替えの天海祐希は安定して聞くことが出来たので良かったです。

前回の2で父オーディンを殺したような終わり方でしたが。。。
ロキはただの構ってちゃんだと今回の映画でもう痛いほどわかりました。
結局兄弟仲良しでした。裏切る前提でソーも動いているのでギャグでしかありませんでした。

見どころは「タスケテ」です。面白い。本当面白いよ。
あとはハルクもいい味出してきてましたね。なぜ予告でハルクと戦ってるのかと思いましたが。
なるほどな理由です。

あとハルクが出てきた瞬間のロキの慌てぶりがまた面白かったです。
本当アベンジャーズ1での件(足持って全力で振り回される)がトラウマになっているようです(笑

戦闘シーンの音楽の入れ方も最高だし、冒頭のドクター・ストレンジとのやり取りも面白かったですね。
神なのに神を超越しているようなストレンジにクエッション飛びまくりでしたね。はい。

総合評価

★★★★★

好きなので文句なしの★5つです。ギャグ多すぎかとも思いますが、スタンリーのあの笑顔で帳消しです(笑

とにかくアベンジャーズ インフィニティウォーへの期待が膨らむ一本でした。
次はブラックパンサーだったと思いますので、楽しみに待っています。

『ローガン』映画レビュー

上原勇一郎の映画レビューです!!!
今日も一段と冷え込んでいますが、午後からは晴れるみたいですね。
世の中ハッピーハロウィーンと騒いでいるのでしょうが、今日の渋谷はどうなるのでしょう?
騒ぐのはいいけどゴミはきちんと持ち帰りましょうね(゜レ゜)

LOGAN/ローガン

本日はこの作品をレビューしていきたいと思います!
こちらX-MENのキャラクターウルヴァリンを主人公に描いた作品です。
実はマーベル好きなのですが、X-MENシリーズだけは見ている数が断然に少ないです。
2016年に公開されたX-MEN:アポカリプスは観ましたが、他は見ていないんですね。。。

なので少し訳の分からない状態で見ているのですが、分からなくても観れます。
ただ確実に言えるのはシリーズ全部観ている方が面白いでしょう(;”∀”)


出典:Amazon

ストーリー

すでにミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で心身共に疲弊しきったローガンはもはや不死身の存在ではなく、リムジンの運転手として日銭を稼ぎ、メキシコ国境近くの廃工場で年老いたチャールズ・エグゼビアの面倒を見ながら暮らしていた。ある日、ローガンはガブリエラという女性から、ローラという謎の少女をノースダコタまで送り届けてほしいと依頼される。まもなくガブリエラは殺害され、やむなくローガンはローラを廃工場にかくまうが、ローラを奪い返すために巨大企業トランシジェン研究所から放たれた男ピアースが武装集団を引き連れて廃工場に押し寄せてくるのだった……。

引用:映画『LOGAN/ローガン』オフィシャルサイト

チャールズ・エグゼビアと言われても誰だよ!ってなると思うのは僕だけでしょうか?
プロフェッサーですね。年老いて能力が暴走気味のプロフェッサーを守りながらローラをノースダコタまで送り届けます。
送り届けるまでに色々ローラの過去が明かされていくわけですが・・・最後泣けますね。
最初は凄くローラの事を邪険に扱っているのですが、一緒に旅をして、謎が明かされると心を少し許していく・・・

アクションもウルヴァリン市場No.1と唱っているだけあって凄かったです。
もちろん能力が衰えたといったも今まで培ってきた経験上強いウルヴァリンと、
若い分結構ハードに動けちゃうローラ。まさしく獣が2人といった感じですね。

最後の方はもうヤキモキしながら見ていました。
子どもたちが逃げるだけなんですよね。いや、お前たち能力どうしたよ!と。
大人は武器を携えているけども、大人数力を合わせればミュータントの方が強いだろと!!
まぁそこは子どもなので自分たちで戦う!という思考にはなりませんよね。

ミュータントの子ども達はまとまって逃げていきましたので、
続き・・・作ろうと思えば作れますよね。ただ主人公女の子👧という・・・

総合評価

★★★☆☆

X-MENシリーズをあまり知らない僕は楽しめましたが、どうも前作を知っていると少し・・・
という辛口な意見も多いようですね。

アクションが過激なものが多いですが、スカッとしたい人にはオススメかな!

『メッセージ』映画レビュー

こんにちは、上原勇一郎です。
今日のレビュー作品はこちら!

メッセージ


出典:Amazon

です。
もう正直これのパッケージを見た瞬間にあるお菓子にしか見えなくなってしまった訳ですが・・・
お分かりですかね??


亀田製菓のハッピーターン出典:Amazon

見えませんか?見えますよね。ハッピーターン突然空に浮いてる!!
とか考えてもうおかしくて映画どころじゃなくなったのが正直な感想(苦笑
出てくる宇宙人もどう見てもタコなのよね。

すみません取り乱しました。。。

ストーリー

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。

引用:『メッセージ』オフィシャルサイト

アヴェンジャーシリーズでお馴染みのジェレミー・レナーが出ていたのが、凄く嬉しかったですね。
好きなシリーズの俳優さんが出ていると不思議とテンションも上がる物です。
SF映画なのですが、よくあるSFのバトル要素は皆無です。

12の場所に現れた未知の生命体とコンタクトを取ろうともがく作品になっています。
正直難しい内容の作品かと僕は感じました。
1回見ただけでは少し理解が追い付かないかな。

あと凄いネタバレになってしまうのですが、
主人公のルイーズが子どもと共に過ごすシーンが冒頭に流れ、
それが話しの要所要所で回想シーンのように流れるのがややこしいですね。
最後にそういう事か!と納得のいく落としどころになっているのですが、
本当に途中までは訳が分かりませんでした。

このシーンここでいるかな?とか思いながら観ていたのですが、とても必要でしたね。
未知の生命体と思うようにコンタクトが取れずに、中国を筆頭に攻撃態勢に入っていくのですが、
主人公が唯一生命体と深く交信でき人類にとって重要なメッセージを受け取るのですね。

理解が及ばない生命体を否定せずに、少しずつ受け入れていく。
そして信頼関係を結んでいくのですが、やはり受け入れられない人間もいて、
一匹の生命体を死に追いやってしまったシーンは心が痛かったですね。

受け取ったメッセージも一つでは意味をなさず、12全てを繋げなければいけない。
ですが、国が違えば利害や、損得の話しが持ち上がる。
人間の汚い部分が凄く分かると同時に、美しいお話しでした。

総合評価
★★★☆☆

良い作品ではあったのですが、途中まで混乱してしまったので★3つです。
SF好き!という方でも恐らく好きと嫌い両極端に分かれる作品だと思います。
心を浄化されたい!という方にオススメかもしれませんね。
もう一度見ると評価も変わってくるかもしれません。

『美女と野獣』映画レビュー

上映中に観に行きたかった『美女と野獣』ですが、『スパイダーマン』とかぶり断念。
先日香港旅行の際に飛行機の中で漸く観ることが出来たので、感想です。

ディズニーの名作『美女と野獣』

僕はアニメ映画も好きなので昔も妹と一緒によく見ていました。
その中でもディズニー映画は妹が特に好きだったので多数観ていますね。
最近ではリメイクが流行っていて楽しませてもらっています。

ストーリー

ディズニー・アニメーション不朽の名作『美女と野獣』がついに実写映画化。魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった美しい王子。呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらが全て散る前に誰かを心から愛し、そして愛されること―。だが野獣の姿になった彼を愛するものなどいるはずがなく、独り心を閉ざし本当の自分を見失っていく。そんな絶望な日々に光を与えたのは、心に孤独を抱えながらも、自分の輝きを信じて生きる、聡明で美しい女性、ベル。このふたりの出会いがお互いの運命を次第に変えていく。

引用元: 「美女と野獣」公式サイト

随分と昔に観たもので、ストーリーを忘れていた訳ですが、やはり音楽は残っている物ですね。
懐かしいメロディで始まるのでワクワク感が徐々に上がっていきました。

毎日同じ繰り返しの日々を送るベルは現代の僕たちと似たような感覚なのかもしれない。
何か刺激が欲しいと思うけど、町の人は変わる事を恐れて排除しようとする。
大人になって観る作品は実写ということもあるのだろうけど、少し見方が変わりますね。

僕だったら絶対に喋る家具が出て来たらビックリするだろうし、もちろん受け入れることもないと思う。
その辺はやっぱり物語なのだろうけれど、受け入れてしまうベルにはビックリするし、
よっぽど何か刺激が欲しかったんだろうなとも思う。

ベルが素直だったし、受け入れられることが出来る広い心の持ち主だったからこそ野獣は救われていくわけだし。
凍っていた心が溶けて打ち解けていく二人は本当にピュアだし、
ストーリーが進むにつれて音楽とのマッチも凄くて世界観に引き込まれます。
ここがやはりディズニーの凄い所なのですよね。

以前クリストフ・ガンズ監督の『美女と野獣』も観たのですが、話の捉え方の違いからかあまり楽しめなかった。
恐らく幼い頃に観たディズニーの観念が強すぎたのだと思うが、おとぎ話感が少し少なかったような気がしている。

実写になったからこそ現実味を帯びてくる(母がペストで亡くなっているとか)所もまた、
大人になった僕たちを飽きさせることのない持って行き方ですね。

総合評価
★★★★☆
やっぱりディズニーは強いですね。
次は何を実写化してくれるのか今から楽しみです。
CGを駆使した晩餐会の映像と美しい音楽が見事でした。
あの頃子供だった人も、大人になって初めて見る人も楽しめるでしょう。
ぜひ見てほしい作品の一つですね。

一つ一つの細かい描写に注目してください。
次は個人的にアラジンの実写が見てみたい。空飛ぶ絨毯。今ならもういける気がする。
そしてやっぱりジーニーの吹き替えは山寺宏一がいいですね。

『クリミナル 二人の記憶を持つ男』映画レビュー

どうも。
上原勇一郎です。
ニュースばかりも飽きたので映画も紹介することにします。
実は映画鑑賞が趣味です(笑
では早速先週見た洋画『クリミナル 二人の記憶を持つ男』をレビューしていきます。

ストーリー

CIAロンドン支局のエージェント、ビル・ポープ(ライアン・レイノルズ)が、極秘任務の最中に非業の死を遂げた。それを知った支局長のクウェイカー(ゲイリー・オールドマン)は動揺を隠せない。ビルは米軍のあらゆる兵器を思うがままに遠隔操作し、核ミサイルさえも発射できるプログラムを持つ謎のハッカー、ダッチマン(マイケル・ピット)の居場所を知る唯一の人物だったのだ。世界の秩序を守るために何としてもダッチマンを捜し出し、恐るべきプログラムを回収する必要に迫られたクウェイカーは、記憶の移植実験を研究中の脳外科医フランクス(トミー・リー・ジョーンズ)に協力を要請する。

引用元:http://criminal-movie.jp/

ストーリーは公式サイトから引用させてもらっています。
このビルという男、以前も何かで見たと思ったのですが、デット・プールですね。

『クリミナル』でも『デット・プール』でもそうですが、この人すぐにフェードアウトしてしまいますよね。。。
『デッド・プール』では確か顔を火傷してすぐにマスクをかぶったような…
『クリミナル』もすぐに拷問されて死んでしまうし…

それにしても洋物の拷問を見ていると自分も痛くなってしまいますよね。
電気を口に入れられてましたので体液を伝って相当痛いと思うのですが、実際どうなのでしょう。
自分自身では絶対に体験したくありません(汗

笑い要素も少なく比較的小難しく考えなくてもすんなりと見れる作品でした。
アクションもそこそこいけています。
人間として欠落していたジェリコがビルの記憶を通して徐々に人間として大切な部分を得る。
どちらかというと感動要素が強いかもしれませんね。

最初は本当に屑な男なのですが、記憶移植されたビルの記憶をたどり愛を知る。
戸惑いながらも娘と穴を掘るシーンに感動しました。

敵がやはり胸糞なのですが、最後はスカッとしますので、何も考えずに見たい人にはオススメです。
ちなみに脳外科医は日本ではおなじみに缶コーヒーBOSSのあの人です。

沢山見てきた映画の中でも面白い部類に入るので、もう少し見る人が増えてもいいかも。

総合評価

★★★☆☆

★3つです。
アクションがもう少しあるとスカッとしましたね。
ですが短い時間で詰め込んだ感もなく良かったです。
悪の心と正義の心、まったく真逆の感情に苦しむジェリコの姿をハラハラしながら見守ってみてください!